CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | pookmark |
06.03 KINOSHITA NIGHT@Shibuya-AX

 週1のペースで東京。行けるもんだねー(←結構辛いw)

開場まで時間があったので明治神宮にささーっと寄る。
ちょっと涼しくて神社って空気が気持ちいいしココロもまっさらになった気がしてる。でもナイロン素材のリュックは暑かったな。

さらりと物販チェック。
タオルが思ってた以上にピンクだった。絶対このTシャツ透けるし肩出るわーと思ってたのに、アートとテナーの文字が並んだ時点で買っちゃったよ。
ラジオ?なTシャツは絶妙Vネックだったので見向きもしなかったです。


わたしが好きな2組のバンド。好きになったときはよく対バンしてたのに、二期になったら自然と無くなって。方向違えたのかなー?って思ってもずっと両方好きだった。

その2組が対バンする!四期のメンバー発表に感じた方向性の期待が確信に変わった。

続きを読む >>
| - | 21:43 | comments(0) | pookmark |
05.25 OUTATBERO@METRO
 
久々のオールナイトライブ。何年ぶりやろ。
ってか友達とのオールでもうにゃうにゃしてんのに大丈夫か?わたし。

9時にオープンなんだけど、開場と開演が同時なんだよねー。
ちょっと難しいよね。とギリギリに駅に着くようにする。着いたら段々音漏れが近づいてきて早足になっちゃう。

でも人気がなかったのでこそりと受付覗いたら、このまえのスタッフさんがうぁ、まだなんですよー。ってあと30分!って言われたのでいいですよー。っと出て来たら階段の途中に加藤くんが背中向けてぽつっと立ってたのですごくびっくりしたよー。はわはわ。

(彼のために言っておくとメトロは地下なのでたぶん電波探してたんだと思う)


するりと抜けて、鴨川で遊んでました←



で、30分+αで戻ったんだけど後10分‥(>_<)!って言われて。
すごいすまなさそうにしてくれるから、今度来て延長やったら辛いー。
と思ってました。はにゃにゃ。


結局後もう一回それやって、入場しました。優しいおにーさんだったのでよかった。
結局1時間くらい外にいたわー。
こないだライブハウスもクーラーデビューし始めたと悟ったので、厚着してきてよかった^^やっぱりちょっと夜は寒いね。


続きを読む >>
| - | 06:07 | comments(0) | pookmark |
05.23 LLama、ピアノガール@Pangea
 
‥とりあえず寒い。
わたし的にようやく春になったかなーと思ったら世間は夏らしいですぜ。てかPangeaめちゃ寒い。たすけてー。

相変わらず入り口でGくんに会うわたし。
むー、ノベンバとかならきゃあなんだけど、顔が割れてるのでちょっと困る。妹尾さんと竹内くんと出かけるとこでしたよ。

てか、この時のGくんのカッコがかわいかったー。
ボーダーのTシャツに黒い長袖の重ね着に髪ハーフアップしてワークキャップ被ってた。それ女の子としてわたしが着たいよー、じたばた!


Pangeaの照明がオシャレで好き。

続きを読む >>
| - | 02:27 | comments(0) | pookmark |
05.12 OUTATBERO×crypt city@METRO

本当に昨日のライブよかった。
自分の身体が溶けて粒子になってあの音と一緒に消えたら幸せなのに。とまで思えた。
久々にあの瞬間に触れた。





開場16:30早っっ!!

SELFISH CUNTが来日中止になっちゃってその発表前のチケットと後のんがあるから‥って払い戻しでジャックさんがやや焦ってました。
そりゃ混ざるよねー。


と言うわけでさらりと入場。やっとメトロのベロだ。
今日は加藤くん側から見るんだー。
あの新曲の音、加藤くんだって思ったんだよね。てか、    その曲やるかな。

入り口にタイムテーブルあったけど30分30分、40分40分って流れだね。
ベロ2つめ。でもって開演押してるし。うーん、なくなった分は本当に消滅なのね。

ってわたし間違えてまっしろなワンピース着てきちゃったよー。タイツもなんか白いぞ。これ‥ベロのときに着るカッコじゃないな。でも周りを見渡すと服装が多彩なカンジでした。楽しい。

と思ってたら懐かしいマイミクさんが声掛けてくれた。美人さんになってたから名前言われても一瞬わかんなかったよー。ここで会えるなんて嬉しいな。




加藤くんのセトリだけこんな風に小文字で書いたとこ修正されてました。かわゆ。

続きを読む >>
| - | 23:09 | comments(0) | pookmark |
05.02 OUTATBERO×dry river string×tokyo blue weeps@拾得
はじめてきたー。大宮の細くなった通りを上がってくから見落とさないようにしなきゃな。雨の降った路地で、あんま人もいなくて楽しい。
玄関先に植えてある花とか見ながら歩く。

Gくんが以前に写真UPしてたから外観はあんなカンジで‥と見上げたら向こうのほうから歩いてくるビニール傘の白いシャツ着た人、あれー?Gくんじゃない?

そこそこ距離あったので歩くスピード緩めちゃったよ。でも向こうからも見えてるよなぁ。うぅ、またも微妙な距離感作ってしまった。タイミング悪いよーっ。てか、会場入る前に会うのなんとかしたいーっ!



蔵‥だね。

でも着いたのが15分くらいで。微妙なカンジに人が座ってたのでドコ座ろう。
ってなって。右側が座敷でセンターにはおっきいテーブル二つ繋げて大人数用。左には6人くらい掛けれるテーブル席二つ。これ難易度高いー。
ステージを端っこから見たかったけどそこ付近の座敷が楽屋&関係者的人々がいるので距離置きたくって、一人だからセンターのテーブルにつく。

うわぁ、難しい。うぅぅ。基本端っこが好きな人間なので落ち着かないです。しかも座った椅子床の石段に段差あるからカタカタ言うし。にゃーん!
てかステージ前に小さい3人がけのテーブルあった。そこ行ったらよかったなーとか後悔。でも一人で占領するの引ける。。。

てか、ここはカフェなのでドリンクチケットはないと聞いていたんだけど、注文どうしたらいいんだろう?と思ってたら店員さん聞きにきてくれたのでよかった。早いけどカフェオレ注文。てか、彼が森山未来に似ててガン見してしまった。あずさん曰くモテキVER.のメガネ男子。

てか、あずさん来るって言ってたのまだかなーってそわそわ。
Gくんがシャツ脱いで、バトルスのカーキのTシャツになってる。バトルス好きだよね。こないだはトート持ってたし。あれかわいかった。





開演時間から10分くらい押してメンバーがステージに上がる。少し照明が落ちたあたりであずさん来てほっとした。間に合ってよかったよー!てか変な場所に座ってごめんなさい。‥もうちょっとで気分がぺしゃんこになるとこでした。あぅあぅ。



Gくんの簡易ドラムセットがあって2点?その右隣がビンゴさん、左隣がくらもちさん。加藤くんどこー?って思ったらビンゴさんの斜め後ろでした。
色々見えづらい(苦笑)。あ。てか座るんだー。加藤くんが座って演奏するの初めて見る。黒いちっちゃめのシャツ半そでシャツに白い?ベージュ?のパンツ。みんな座ってるときも立ってたもんね。加藤くん半袖だとサイズ感ぴったりめをチョイスするよね。かわいい。

今日はビンゴさんだけ立ってました。

こんばんはOUTATBEROです。
普段はサイバーパンクをやってるんですけど、今日はアコースティックセットってことで、ね。とGくんとうなづきあうビンゴさん。
でも25%くらいしか音を減らせませんでした。
えと、おにーさんたちサイバーパンクやってたっけ?くすくす。

1曲目は新曲?
始まってスグの加藤くんの白い霧が被さるような音に、こないだGARDENで聴いたあの曲だと気づく。きゃわわ!くらもちさんオムニコード。あの指先に釘付け。
てか髪を短くして、さっぱりした加藤くんの耳付近の髪がまっすぐ揃ってってなんかくすぐったいカンジする。
で、この曲は4人それぞれの見所があって楽しい。ぐるーんの見渡してにやにや。ってかアコースティックセットのせいなのか、ビンゴさんの音とGくんの音がかわいらしかった。あのお兄ちゃん組な二人がかわいい音なんて。意外。こういうのはアコースティックセットじゃないと聴けないよね。にこにこ。そう、ビンゴさんはエレアコだったんですよ。あのギター好き。お久しぶりです。でもって最後は加藤くんに意識が戻る、そんな曲展開。うふうふ。


でもかわいい続きでMonopolizedの若干イントロでハワイアンムード漂っててびっくりする。Gくん?
でもって加藤くんのフレーズがすっと世界の輪郭をたどってきゅっと引き締める。なんかアコースティックにするとフレーズのよさが‥。きゅんきゅん。

Good dry
加藤くんが音量を控えめに、控えめにビブラートを掛ける。
でもエフェクタ類との接続が悪いのかビブラートが届かずやや切断されてたの残念。でもふるふるってする左手はわたしの心の琴線を震わせる。
すぐに手を伸ばして修正。

って、加藤くんがこんなに抑えてるのに、抑えてるのにGくんのコーラスが唯一マイク使ってるビンゴさんよりも高く響くから。あの声でわたしの遠慮みたいなのがぱしーんと解ける。そう、Gくんはちょっと上を向いて歌うの。だから天井に届くみたいな気がしてる。

そう、ビンゴさんの声はちょっと喉にまとわりつくようで苦しげにも聴こえたんだけど、むしろそのせいでいつもよりウォーム感を出して力強さを出していた。
今日雨が降っててよかった。雨のカーテンが意識をぎゅって閉じ込めて、秘密の時間を共有するように。それに包まれて目を閉じていられる。そんな安心感も。
ビンゴさんの髪が伸びて、完全に耳に掛けられるようになってるね。

Individual
最近この曲多いし嬉しいなー。
そしてビンゴさんがギターだよ。

もうGくんくらもちさん/ビンゴさん加藤くんと前に人がいるから見るために身体を傾けてるのも面倒になってきて、椅子の上に体育座りでもしながら埋もれるように聴きたい気分になってきた。(実際にはしてませんよっ!)で、目を伏せてゆったりと音に身を沈める。
うん、気持ちいい。今日の雨が拾得の雰囲気とベロの音を繋いでる。木が湿度を含んで幸せに満ちる。それが心地よく目を閉じてゆらゆらしてたんだ。あれこここんな展開にするんだー?って思いかけた瞬間、はぅゎ!とあのボーカルの声のままビンゴさんがマイクに叫ぶから雰囲気台無し! (笑)。

「あれ、ここそうだっけ?」ってビンゴさん「もうちょっと後じゃない?」あれって、手元でリフを確認する加藤くん。加藤くんのせいだったぽいです。
決まり悪そうな笑顔したあと、「もう一回やらせてください」って加藤くん。
か、かわいい。うむ!と大きく頷くビンゴさんとGくん。

でもって、再び最初から。
あーん、もうGくんのあのオーラは現れないんだもん。ちぇーっ。

でもってくらもちさんはオムニコードやipadを使ってのリズムを操ってたのであのベースのリフがないから寂しいよーって思った。
思ったけど、くらもちさん今日ライブ前に雨のせいで自転車でこけて右手怪我して縫ったって帰り道で知った。でもちょっと弾いてたのは無理してたんかな。痛そう。

30日東京に行ってた音楽仲間さんに聞いたのだけど、ビンゴさんが調子悪くてGくんが喋ってたって。で、今日もGくんがまとまったMCはやってた。
Gくんが喋ると語尾がきゅっとあがるのでかわいらしいです。自然と拍手したくなるね。
ビンゴさんは不意打ちが多いからタイミング読めない(笑。

アコースティックとは名ばかりの音量を下げただけの演奏をね、しています。ってGくん。
でも違うアレンジはしてるけどね。いつも見てくれてる人ならわかるかな。
普段よりもギターの音数が多いから大変ってビンゴさん。
今日は2回目でアコースティックをやる回数は少ないんだけど、機会があればやっていこうと思ってるので。
でも普段はサイバーパンクをやってるので、今日見てよかったら見に来てください。


‥うん?FLAKEとタワレコと今日でアコースティック3回目じゃなっかたのかな?あれれ。FLAKEのんはもっとARM寄りの世界だったんだよね。

Cast night moon
バンドセットよりも明るい段階からのスタート。
ここでは3人のボーカルが入るのだけどビンゴさんの声がより響いて、これいいなーってなるんだ。

そして歌うくらもちさんのまっすぐに見る視線とぶつかる。


Nationaldown
最後の曲って紹介されて、この曲。やったぁ嬉しい。
ビンゴさんが軽く振り向いて曲が始まる。もうひとつのNational downと繋がるフレーズを加藤くんが弾くのが好き。
そして、この曲の要であるGくんのドラムがあの華奢なセットの中で落雷のように決まる。うんうん!
でもって、2番に移るビンゴさんとくらもちさんの2人の音は呼吸を置くことなく、先ほどのテンポで繋がってく。 ひっそり空気を震わせて。でもって暖かい。

でもイントロの間Gくんが両手で頬骨あたりをぐりぐりして油断してる顔してたの、見えてたよー。くすっ☆


てか、ビンゴさんが終わりがけに「ほにゃら」って言って。それにくすくすなった。相変わらずカッコイイのに緩い。

今日は今までのアコースティックと
比べてメンバーがリラックスしてるというか、音が開いていて。この感じで通常のエレクトリックセットやっても素敵に響くだろうなぁと思った。
まぁ、加藤くんの音が最高だったってこと。

☆セットリスト☆
01.新曲(くらもちさんオムニコード)
02.Monopolized
03.Good dry
04.Individual
05.Cast night moon
06.National down


dry river string
結局あずさん誘ってステージ前の3人くらい掛けれそうなテーブルに行く。
ドライリバーはあずさんが好きだから奥に入る。でもそこがスピーカー前だと気づいてはにゃはにゃしてた。そういえば畳側にはスピーカーあるのかな?

てか、Gくんのセットはほぼそのままなんだけど。
あぅ、それなら無駄なシャイさを発揮せずここに座ってればよかったー。すげぃ近い。ベロのGくんの手元見たい。
てか、今日はキーボードさん入るんだねー。((好き♪

今までどおりの並びに左側のギターさんがステージの都合上ちょっと後ろに下がってる。てかフロントいっぱいにきゅっとメンバーが並んでてちょっと狭そうなんだけどきゅっとしたコンパクトな並びでかわいいとも思った。
干川さんの歌声が届いた瞬間、わたしの中でおおって波が起きる。
2曲目がよかったなー。
緑色の風景が見える。でもぼんやりと白く滲んで姿までハッキリとしない。
そこをGくんの音がカシャンって鳴ってシャッターを切るみたいに一瞬ピントが合う。

Gくん、きっとさっきのTシャツの上にシャツを羽織ってるのだけど、暑っつ!って風にパタパタ仰ぐ。

ギターさんのカウントで始まる曲。
ちょっと弾いてテンポを確認してから始めたのだけど、難しそうな顔をしてたのでGくんが振り向いて助けてあげてた。また見たことないような優しい顔してた。今日はさすがに髪結ってなかったです。


てかGくんの腕が近くて、ちょっとぐいぐい見入ってしまった。 男の人の腕。
そして演奏中左右のメンバーをひらひら見てるから、ギターさんの手元に集中しててもなんか視界の端っこに映ってGくんどっち見てるのかだいたいわかっちゃうっていうね。ふふっ。
あのフロアタムだっけ?を改造したやつのピンを色々探った結果同じ場所にもどしてた。


今日は雨だからショートブーツ履いてたんだけど、なんかそやってキュってしてるのがもったいなくなって脱いじゃった。
川の中に足を浸してる、そんな気分でいた。


でもそれよりもラストの曲がすごいカッコよくて、素敵素敵☆ってなってた。なんかもう星空が見えてうわーいってなってた。濃紺の中にきらめきがあって。わたしが気に入ってるその一歩下がった位置にいるギターさんのアルペジオが素敵。
でもってふとGくん見上げたときにちょっとカッコイイ表情をする。


そしてその間畳ゾーンの机に向かって座ってたビンゴさんが目を伏せるように聴き入ってるのか、考えごとをしてるのかな雰囲気があったんだ。



tokyo blue weeps

あっ!今日ここに来る前に自転車乗ってた白いふくらはぎまであるシャツだかなんだかわからないようなのを羽織った男の人とすれ違って。どこかの料理屋さんか、お豆腐やさんかしら?と思ってた人が、先ほどから会場にいて、ベロの時とか頬杖ついて楽しそうにステージみてゆらゆらしてた人がこのバンドのフロントマンだったっていうびっくりからスタート。

和太鼓あるしギターもテレキャスにアコギ。
ピアノにキーボードっていうちょっと楽団なのかなーって感じを思ったのだけど。ちなみに不思議なカッコしてるのはボーカルさんだけっていうね。
さっきまで白かったのに、ステージでは紺色の同じような羽織ものに着替えてた。

1曲目はディズニー映画を思わせるようなきらきらの魔法がかかるかわいらしい曲。一人女の人がいるんだけど、彼女はフォーマル寄りのワンピースを着てスタンドマイクに歌うから世界観が謎。

そう思ったら今度は森に入って木の梢を見上げるような、日本の色彩が薄い空のような歌を。彼らは逆に靴をきゅって履いて紐を締めたい。そんな感じ。

中盤のエモくなる曲で、そのフロントマンさんがだんだんっと身体を屈めながら数度床を鳴らすように跳ねた。その曲がわたし好み。
PLAYのスニーカー。

‥と、楽器を演奏する人がぐるぐる代わるのもだけど、なんか不思議だな。でもなんか懐かしいカンジあるな。と思ったらそのフロントマンさんが喋り出す。メンバーの出身地を紹介しつつ、僕は九州の奥のほうの、今で言う限界集落なとこで生まれて、その田舎さに嫌気が差して早々に東京にでて歌を歌ってたのに。気がついたら故郷のほうを向いて歌を書いてる。
去年の震災や、自分の祖父?が亡くなったこと、子供が生まれたこと等々あってさらにその思いが強まって、今回西日本に向けてツアーをしてきた。
って話しだして。

するするっと彼の声のトーン吸い込まれて、ふむふむ聞き入っちゃう。
ただちょっとわたしは故郷の話とかダメなのでこれはあぶないなぁ。。。
と思ってたら、

案の定、故郷の誰もが歌える、子供の頃からずっと知ってるような歌を、僕らも作ってみたいと思って。僕らが5人の村人だとしたら、その中に皆さんも入ってきてもらえたらってらららーのコーラスと簡単なハンドクラプを伝授する。

あーぅ、逃げようかな。と、思ったけど彼の話す声のトーンが惹きつけたのと彼らバンドメンバーがまっすぐお客さんを見る目が素敵だったからわざわざ水を差すことないと思ってそこに留まった。
そしてわたしの位置からなんとなく見えるくらもちさんがその話を聞きながらうんうんとした笑顔を浮かべてて、それがなんかよかった。


でもやっぱその村の中に入ってくことはわたしにはできなかった。ごめんね。どうしても誰も人がいない猫も歩いてない知らない田舎の風景を歩く、日差しはあったかいのに、どこか寒々しい感触しか抱けなかったから。

ハンドクラップできずにぼーっと眺めてたら、奥のほうで何かお茶碗に入ったものをがつがつ食べてるGくんの箸の動きだけが目に入ってきて、あーやっぱ食いしん坊さんやぁーって笑えて、ハンドクラップもコーラスもできない後ろめたさから開放された。


ドラムさんのみんなを信頼してるような目とか、フロントマンの彼と兄弟らしいんだけど、言葉は一切放つことなくきゅっと上がった口角でそのコーラス部分を歌うベースさんが眩しかった。


こんなオトナがわたしの小さい頃いてくれたらな。。。
‥ないか。
そしてそんなに拒否ったのに、そのコーラスが朝目が覚めた時の記憶に残ってて、考えさせられた。




ボーカルさんが、そういう自分の故郷の話を地元の人なんかに聞きに言ったことが冊子に連載されて‥な文章があるらしくて。それは気になった。彼の言葉だったら受け入れられるような気がした。
そうそう。その歌詞が彼の造語なんだって。そこはなんかいいなぁって思った。

そんな感じ。
終わったら、ここは住宅街だから演奏できるのは9時までなんだけど、その後もゴハンとか食べれるから。って言ってた干川さんの言葉につられて、あずさんとごはん食べた。おいしかった。
あ、この拾得は40周年だそうです。磔磔はそのいっこ上らしい。











でもって、こっからですよ。
帰り道雨が降った後の湿度の重さに負けて、ラストの郷愁にも負けてだるりん、としてたら。去年?一昨年?くらいにベロのライブで一緒に出てたバンドさん‥が気になって探したんだけどHPも全然更新されてないし、たまに加藤くんとくらもちさんの会話に出てきてるくらい?って人が今日来てて、あー♪anu-passの人だ。ってわくわくしてたの。
別に今日彼のライブじゃなくてお客さんとして来てるわけだから声も掛けなかったけど、でも嬉しいなとか思ったらツイッターでくらもちから聞いて‥って声掛けてくれたの!
えと、だってくらもちさんにわたし聞こうとは思ってたけど、まだ聞いてないし!とかって焦る。えっ、くらもちさん、超能力?
あっ、CDだすそうですよー。わぁい。嬉しい。


今日オウガ×ヨルズとか、チョモの石井くんソロとか行きたいライブがいっぱいあったのだけどこっち選んでよかったなって、雨の気だるさの中にふらりと漂っていた。


でもおなかいたい。。。ぱたん。

| - | 09:12 | comments(0) | pookmark |
04.15 OUTATBERO×white white sisters とかとか@GARDEN

 小高ハピバ☆ってことで今日はGARDENです。
QUEの隣じゃん。もう下北住んだらわたしライブハウススタッフに絶対なってたと思う。ならざるを得ない状況w。

てなわけで余裕もって‥なんてことはなく今日も遅刻気味。
開場16:30とか早すぎるでしょ。うーんいつもなら下北界隈ふらついていたいんだけど、休日の下北って人すごく多いでしょ。みんなどこ目指してるのかわかんないし近寄らないことにしている。‥と思ったら鹿野さんもそんなツイートしてて思いっきりうなづいた。ハイラインない下北なんてつまんにゃい!

(でもライブハウスは最高☆)

続きを読む >>
| - | 21:18 | comments(0) | pookmark |
04.18 LLama、sunday morning bellとかとか@JANUS

 ほぼ一年ぶりのJANUS。あーん、道わかんない。
長堀駅がここにあるの初めて知ったわ。心斎橋から歩いてきちゃった。
徒歩3分圏内をぐるぐる。

コンパクトなエスカレーター上ったらオシャレすぎる入り口にようやくたどり着く。うん‥久々だから今日早く行こうって思ったんだよ。買い物とかしたかったし。けど出かける前に軽く発作起こしてぐったりしてから来たから疲れちゃったよ。ぐんにゃり。

前にいるオンナノコがかわいい春っぽい重ね着しててかわいかった。

ファッションの幅なんてそんなないし、なんとなくなんだけど。LLamaのときはかわいいカッコ、ベロのときはちょっとボーイッシュを心がけてるのです。(ちなみにノベンバは色数少なく、ピープルはラブリーなんてのもあります。心に余裕があればね)

 

続きを読む >>
| - | 23:34 | comments(0) | pookmark |
03.18 LOW-PASS@ソクラテス

三宮さんめちゃ手ちっちゃかったー。
イメージ通り!かわゆい!きゃー!。初めてしゃべった。信号機T買ったよー。

 


ソクラテスはじめてきた。ちょうちっさいハコ。
ちょっと開演間際までフロアに男の人しかいなくてちょっと焦ったわ。
ここは紙のリスバンくれるのね。

 

続きを読む >>
| - | 02:56 | comments(0) | pookmark |
03.14 OUTATBERO@UrBANGUILD
加藤くんは赤!Gくんは青!似合うってか、よく着てるイメージ。

ドア開けたら即効くらもちさんいたー。
でもって開口一番「あげます」ってロングコロンもらう。えへへー。
即効すぎたのでなんて返したらいいか迷った。



UrBANGUILDのドア。
木屋町の雑多ビルの中にあるから入るまで怖いんだけど、
ここを越えたらいきなり明るくなるの。


(PCフリーズで消えたので再び書き直してます)。


今日の配置は左側はテーブル席で。真ん中は開いてたよ。
ちょっと彷徨って、ステージ左前の特等席に座る。これ誰かと一緒に来るといいよね。うんうん。



ステージに柔らかいライトが射して、置かれた楽器類が影になって伸びる。



こないだより席数少ないよねー。ドコにあるんだろう。って言ってたら長椅子がステージの一部となってました。ステージ、広いと思った!



2週間で3ベロなので今日はちょっと趣向を変えようと髪を結ってきたのだ。つまりアタマはぐるぐる振らないし、ステージ観る!



続きを読む >>
| - | 00:26 | comments(0) | pookmark |
03.11 OUTATBERO×ピアノガール:myTV vol.2 @nano.

今日のは去年チョモと一緒に出てた対バンがよかったので(今日3組出る)‥と思ってたら、ベロさんまでついてきた。えへへー。
house.の活動休止はこないだのVOXhallで知った。


というわけで、nano。
こういう狭いハコで後ろで人が溜まってて見れないのに、前方空いてるのが好きじゃない。なんて前方に行ったら永遠に最前でした。すまん。
でも全部楽しかったんだよ。


なのでさっくりと。6バンド長い。弦と鍵盤ガン見してたので目が疲れました、笑。



というか、入り口でGくんに傘ぶつけられてもうこのコきらいやっ!!(>_<)
もうこわいこわい。Gくんはステージ外交官やってる時以外素なの知ってる。そしてわたしにも素でしょ。むむむ!

(声のトーンにあっ、てなったのはナイショ。


でもってドア開けたらそこにもメンバーいるし。こういうこんにちは恥ずかしい。でもビンゴさんより、LOW-PASSの金澤くんがいたのでわーいって心の中で思ってた。
今日6バンドのPAやるって言ってたのでもしやと思ってたんだよー。えへへ。



UNDER NINE


金髪ギターくん(フライングVの音がやっぱり好きだった。こないだは後方から見たから前で聴きたかったんだよね。


あのアンプからの音とかエフェクタの音が最高でギターの音浴びたい!!って思ってたわたしは幸せだった。マーシャルらぶ。
彼のフレーズが冴える時に(背が高いんだけど、ぐっと反るのが気持ちよさそう!


てかやっぱ少しでも誰かが弾いてると、ボーカルくんがMCしたとき聞こえない。でもいいよ。


そしてベースくんと視線合わせてふふーって笑う楽しそうな様子とか、メンバー間の空気がくるくる対流しててにこにこってなる。ボーカルくんは全力二枚目なカンジ全開でした。


そう、めっちゃ青い空と真っ白な壁。影がぱしっと決まる光の強さ。
包帯クラブの終わりのほうのシーンの色彩が浮かんだ。あー、らぶ。



mississipiroid


エレクトロLITEと言われたんだけど、敢えて言うなら2期以降のLITEかな。
てかやっぱ鍵盤はいるとYUANさんのテンションが落ちるのかもしれない。
(最前で見るという行為について)
ただ、そんなこといいながらも鍵盤の彼の音がすごいするする伸びてって、きっとイヤフォンで聴くなら全力で好きな音だと思ったんだ。


ちっちゃい、狭い、暗いハコより(好きなんだけどw)
空が開けてるような高いライブハウスで聴いたら映えるんだろうなーって思う。


キーボードの彼がイヤモニターに絡まってるのがかわゆかった。


きのこ帝国。


ひさ子ちゃん的なシンプルな格好をしたショートボブの女の子がゆーきゃんだった。わかる?あの世界観。もう人間じゃないオーラ。
華奢な身体で黒いテレキャスターから弾き始めた音が小高ににた、写真のように情景が浮かぶアルペジオにはっとして彼女のほうを見上げたら、すっとした視線で見てくるのでそれでアウトになりました。
あうあう。


でもって左側の水色ストラトの女の子がロングヘアーのかわいい女の子なのに、こちらも三白眼な視線ですごい最前の人を視線で煽る。
ドラムスティックを弓のように弾くスタイルとか、ギターを掲げる"魅せる"技にずーっと彼女のほう見てた。


けど、親指にはめた指抜き型のピックが透明のんで。
そのフレームが白いピックガードに落とす影がめちゃキレイでこのバンドの世界観だと思った。



そしてステージが終わった瞬間、そのオーラがぱちんと消えて。
普通のかわいらしい女の子の声でありがとうございました。って言ったのかっこよかった。そこで目が覚める。



OUTATBERO


加藤くんが足元にエフェクター並べてくとわたしの中で意識が醒めてくのを感じる。(途中から薬を飲み始めてたんだけど)やった。今日はフラットな状態で見れるよ。
先週のワンマンがすごくよかったんだけど。それをぎゅっと押し込める完成度と熱量の差に酔って大半の記憶を失ったから。ちょこっとアウェイな音が聴きたかったんだ。


こないだここでのライブはいつもの形態にメンバーが立とうとしたけど狭いから加藤くんはここでね的に前になっちゃったのだけど。今日は最初から迷わずそこに立つので、YUANさんきゃぁぁぁんってなりました。右にビンゴさん、左に加藤くんですよ。ギターが両サイド。念願☆


Gくんがくるくるっとストレッチをする。
あ。髪切ったんだぁ。と思ったけど結ってたゴムほどいて若干引きました。
どんだけ前下がりなのっっ。いくら美人でもないと思うわ。
切ってる途中で帰ってきたんだよね?


足元のバミリの文字でビンゴさん鍵盤持ってくるんだ、とは予想してた。


今回は先にセトリ。
01.the sleeper
02.(new)
03.monopolized
04.you know
05.induvidual
06.cast night moon



このちょっと若手な対バンに持ってくるセトリじゃない。重厚感のある選曲とかお兄さんオーラ(ついてこれるやつだけついて来い)てのかっこいい。そしてわたし、このARM全開なの聴いてみたかった。


セッティング終えて‥も加藤くんがエフェクタ触ってるので、ビンゴさんが心配になって見てる。加藤くん気づかない。こっそり大丈夫?って聞くと、ビンゴさん見上げてぴっ、と親指立てる。かわいい‥ぼそり。
てか、ビンゴさん加藤くん大好きだよねー。



「おなじみOUTATBEROです」とビンゴさんがやわらかい笑顔で自己紹介。
スリーパーのきぃぃんって音の中のGくんのタイトなドラム。てかわたしの真ん前がGくんなんだけど今日は加藤くんのパーソナルエリアと距離感があって安心して聞ける。距離感大事。
そしてちょっと固めの演奏だった。。けどわたしに掛けられた悪い魔法は解けたので大丈夫。
加藤くんのギターが被さって視界が開く。


新曲。
あまりに白くってベロで聴くのが馴染めないでいた。
でもって、誰見ていいかわかんないとこもその要因だったのだけど。今日開けた。


これビンゴさん見るんだ。
グレイぽいTシャツを着たビンゴさんのハンドマイクに引かずに食いついていくと何本もの線が繋がって風に乗って舞うのを掴まえた。


外国の坂ばっかの町並みの間をくるくる回って吹く風なのだ。
やったぁ、ビンゴさん。わたしわかったよーっ!



そして気づいた。わたし加藤くん前から見るの初めてかもしれない!


monopolizedからのビンゴさんのアルペジオに加藤くんのギターが入るトコが最高でぞわっとする。そしてGくん後方に二つある白熱灯だけのライトになるところが、その刹那的感覚を増して最高だった。うっとり。
今日はGくんのコーラスも入ってて。
この曲はピアノのコンサートみたいなライティングの世界だと思ったから。


でもあれ。加藤くんの音量があからさまに低いんですけど。。。あれれ。
you knowで気づく。あー、加藤くん緊張してるわ。いつもひらひらと動く左手が全然だったんだ。(アウェイで加藤くんセンターはよくないよ‥ね


でもそのアウェイ感をIndividualで一気に取り戻す。
途中で手首の時計が重くなってはずす。



音がなくなる場所ですらぐらぐら揺れてしまうくらいに。その何もないときの感性がベロの音だと思えた。

てか。ビンゴさんの声がやぅばい。なんか今日はギターの手元ではなく(彼のがめちゃ聞こえるんだけど)声のほうを見上げてしまうよ。
今日、初めてビンゴさんの声を聴いたときの衝撃が再び走った。



MCでは、震災のことを口の端にする。あの次の日12日はライブしてましたって。ベアーズの音はまだ覚えてるよ。関西は2日目の方が酷かった。
そして店長さんにほめられたからかな。ことしのボロフェスのトリは決まりだなとか言ってて笑った記憶がある。



Cast night moonのテンポが変わるところ、も。Gくんの派手なドラムパフォーマンスも絶賛控えめ。そこにかなりゆったりと弾く加藤くんのギターが湖面に波紋を描く美しさで。そこにビンゴさんがうわぁぁぁ!ってシャウトを入れてくる。ここの揺らぎの幅が最高によくって、心の中からぐっと何かがこみ上げてくる。なきそう?とはまた違う、動けなくなる感じ。


ちょっとビンゴさん。こないだゆってたこと全然やん!笑。


ラストに向かうGくんのコーラスも、今日は煽動ではなくむしろ沈静に役立ったんだ。



わたし、今日のGくんのが好き、



ゆれる。


今日のバンド全部わたしの好きなカンジなのですが、俯いて首をぐるぐるしたくなるの。連続だとややしんどくなってくる。
それを振り切ったのがこのバンドでした。


1曲目で弦を切った(ゆるくなった?)ベースさんが、3&4弦を一緒に押さえて弾いてて。めっちゃチョーキングしてるやん。と思ってたのですが、途中でダメだと床に置いて後ろから機材セットを取り出す。
その間のフレーズをスニーカーの足で踏むように弾いてくのが男前過ぎてアツい。前方フロア盛り上がる。


ステージ上で張り替えるより借りたほうがよくない?と思ったけど、あのパフォーマンスは借りちゃダメだったね。壁に置いてあるピアノに飛び乗ったりアグレッシブ。


そしてわたしは目の前のボーカルギターさんがその後ろでかっこいい音弾いてたので魅入ってました。
スポーツマン好きの女の子が、汗だくの男の人カッコイイって言うじゃん?それ、今のわたしにも当てはまってる。
ホント汗だくで、キラキラした視線で楽しそうにフロア見て笑ってるのとかめちゃ楽しかった。


今度新しいCDを全国流通版?で出すそうです。
もう、魅せ方完璧だからもっとキャリアあると思ったー。



そしてライブハウスではほぼ右側のギタリストらぶな人としては念願の肩をボーカルギターさんに掴まれましたよ。支えになるやつね。えへへー。
安定感がなかったのか一度確認されたけどねw。


アンプも支えてましたよ(←店長さんが狭いってのに左サイドから右端にまでひたすら直しに来るのがちょっとめんどくさかったのです。このイベントラブなのはわかるけど。オーディエンスからして最大にジャマだかんね?)



ピアノガール。


Candy apple red sacrificeだったと思う。
ボーカルくんのあのテレキャスの色だと思う。ぴぃんと最後の弦だけアップピッキングする音に吸い込まれる。彼の音が素敵。


企画だってのもあるけど、メトロで見たときより伸びやかだった。
それと繊細であろうとするボーカルくんの世界。



"傷つきたいのではなく、傷つく心を持ちあわせたい"って
ノベンバ小林くんの言葉を思い出してた。(最近のわたしのテーマでもある。


もう夜なのに、青い空が広がる。
どうしようもなくなって見上げる空が明るくて。



内田くんの着てるダンガリーなシャツが肌色の絵の具かぶったデザインで似合ってた。


即ギターくんの弦が切れる。
それでも1曲やり届けとんとんとボーカルくんの肩に合図。なので内田くんがマイクで共演者に呼びかけるも誰かのギターがダメ、ってなって。左後方の人から加藤くんが貸してくれるってーって声。


なのでその間、このイベントについて喋ってました。
するとすばやくUNDER NINEのボーカルくんがしゅたっとギターケースごと現れて白いジャズマスをさっと差し出す。ローディさん顔負けのすばやさでかっこよかった。


受け取った彼が(見た目怖いカンジなんだけど)大事そうにそれに触れるのをみて、なんか素敵だなぁ。とにんまり。‥で内田くんの話に戻ってたらどさどさって気配がして、(このあたりでいゃ、もう絶対見ないわwと思ってた。


お好きなギターを選んでください。って声が耳元。えぁ、Gくん?
振り返ったらビンゴさんと加藤くんがギターを差し出すんだけど。それぞれのかと思ったら加藤くんのジャズマス2本!!(爆笑。
てか、その腕と声がちょっと姫に求婚する王子。
けど、いらんし。もう借りてるし。しかもあの彼ストラト弾きなのにジャズマスばっか。。。。てかGくん。あなたはドラマーでしょ。
と振り返ったらさっき話してた黒縁メガネで目をくるっくるしてたのでもういろいろ笑えてくる。



もういいから、OUTATBERO帰って帰って。って笑う内田くんの声も楽しかった。


ギターくんちょっと困ってたけど、UNDER NINEのボーカル君のを使ってましたよ。でも、わたしの視界のヨコにはジャズマス2本‥、しかも目をそらして前向いても弾いてるのジャズマス‥ってので1曲くらい笑いに耐えてました。あーもうっ!


てかこれ笑ってんの、店長さんとわたしらだけだかんね。



でも。メトロで見たときも、さっきの1曲目もあんまり彼の音そこまで好きじゃなかったんだけど、ジャズマスにした途端柔らかいピアノの鍵盤のような音になって。ピアノガールの歌の世界にも、内田くんのテレキャスにも合っていて。めちゃよかった。


白いボディのなだらかなラインすら美しく見える。夜空に浮かぶ白い月みたいな優しさをぼわっと浮かび上がらせる。



(どうでもいいけど加藤くんのブルーグリーンなボディのピックガードがキラキラしてるので、それとGくんのグリッターなドラムと。みたいなぁとか思ってしまった。。。)



あ。さっきの内田くんの話はnano8周年に企画やってて、この日に決まったから僕なりの思いを‥あれここだっけ?東北のほうで震災復興のライブをやってる人たちのスローガンが海に向かって歩けとかで。怖いけど怖がらずに進んでいこう。ってのだと知って。
元から僕が海が好きってのもあって書いてた曲があったから、それを元にして歌を作った。的なこと言ってた。


この音の開け方がまた素敵で。
江國香織の短編集みたいな切り取った世界ざらっとした乾いた砂と海の匂いがする空がばぁっと広がって、うわゎってなってた。わたしが。
その砂を吸った外国製の重くてどうしようもないラグ。




そしてアンコールは関川くんに。って17才って曲を。

終演後、ステージに座ってこれから打ち上げがあるからって喋ってたのが関川くんだった。






振り返って物販みたいなーと思ってたらバンドマンの壁に囲まれて、くらっとする。冬に黒い上着着るのホントやめようって思った。暗い、狭い、怖い。友達を待ってる間誰かといなきゃ、って思ったらちょうど今日のハイライトが。


わーい加藤くんだ。とふらりとしてるとこ掴まえて喋ってたんだけど、わたしもシャイ、加藤くんもシャイなのでやっぱり変な空気になってました。ネストはそれだけすばらしかったってこと!
加藤くんのギター見れて嬉しかったんだよー。
けど早く開放してあげようって、握手してもらったら。ちょっと引きつつも去り際、ぴっと親指立ててくれたのではにゃぁぁんてなりました(ライブの始まり思い出してね。シャイだけどカッコイイんですよ!


わたし加藤くんと言葉使わずに会話したいと、本気で思ったし。
加藤くんならできるんじゃないかと密かに思った。



あと、内田くんにあのバッジ見せたらステッカーあげるよ。って言われてたので、声掛ける。彼も外交官てかホスト側だしくるくるとバンドマンの間を華やかに廻ってたので(ファンの人とも仲良しぽい。と怖がってましたが、話しかけた途端ふっとフロントマンのオーラ消したのが素敵だった。


あ、あの水色の世界の住人さんなんだ。と思って緊張が少し解ける。


このステッカーかわいい。えへへ。

と浮ついてたらUNDER NINEのCD買うの忘れました。総じて身長高いーっ。単体なら大丈夫なのよ?でも数人いると怖いんです。ごめん!



なので、メトロのリベンジ‥と思ってたのだけど、Gくんに話しかけるのやめました。



友達と喋ってたミシシッピの人がどうも‥みたいなことしてくれたのだけど、怖いモードになってるのに黒縁メガネなのですごくそっけなかったです。メガネ怖い。男子怖い。


てか、帰り外にいたビンゴさんがドア開けてくれて。本当おしゃれショップの店員さんみたいだなと思ったのです。




では。

| - | 00:51 | comments(0) | pookmark |
<< 2/26 >>