CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 03.29 OUTATBERO@Clapper | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | pookmark |
04.06 OUTATBERO−LONDON CALLING@METRO

 ビンゴさんに大阪行ってたんだって?と聞かれて焦るわたし。
え、なんで知ってるの(まだGくんは到着してない。。。情報どこから得てるんだ。


清水さんの手元見た後で加藤くんのギター弾くとこ見れるの嬉しいな。
Pangeaからの掛け持ちしたんです。そんなに急いでくることなかったかな。。。

 



*   *   *

雨のせい&立ちっぱなしで疲れてたのでまだかなーって気持ちが強い。
メンバーセッティング済ました後出てっちゃうし。でもエフェクタボードとかじっくり見れたりして嬉しい。


なんかタイムテーブル違えて覚えてたんだよね。
メンバーがステージに揃ったのでそっを向いてもすぐには始まらずにメンバーが軽くセッティングを確認している感じ。でも普段とグルーヴィさが違う。そうやってテンション高めてく様子が伺えて期待にうずうず。
Gくんが床にこじんまり座って地面を叩く練習しだしたのがちっちゃい子とおままごとつきあってるお兄ちゃん感を出していてかわいかった。ステージのうえがざわざわ。
てか、Gくんハーフパンツなの珍しくない?いつも細めパンツかスラックスなのにー。でもってらまの時に着てたマイブラTを肩が出るまで捲り上げてる。
始まるまでのストレッチで腕をVの字に組んだので腕フェチYUANさん絶句‥。
Gくんって女子体操選手みたいな、筋繊維細い細くてしゅたっとした人なんだけど、肩は男の人なのですよ。。。視覚的にも、気合い的にもやられたー。もう見ないっ!ぷいっ!


DJスペースの方から次はアウトアットベロの声が上がって、照明が移動するその少し手前で轟音ギターを(この表記がリッケンに似合わないと思いつつ言っちゃう、響かせるビンゴさんが期待してたけど、かっこゆ!


「普段はこういうライブを見ない人も楽しんでいってください」
今日はステージ前に人がびっちり埋まっていてその臨場感がひさびさだった。オールナイトの高揚が満ちてる。



前2日でくらもちさんの手元分断されるーと嘆いていたのを諭すようにピンスポ当てたみたいに右手だけにライトで照らされて見えやすくなってるの嬉しいし、メトロのオーラ増幅ライトと勝手に命名してるライトがパープルにくらもちさんを彩っててかっこいい。。。



最近の新曲の中ではDon't let killが好き。
前日言ったわたしのイメージの中の左から強い光を浴びるのを再現するような光がGくん後方の高い位置から射しててなんかシンクロする。
加藤くんがペダルを踏むときGくんとめっちゃ目を合わせている気がしてる。
Gくんのプレイに集中しつつも合間合間にしっかりと捉える目線だったり、加藤くんの視線を外すことなくしっかり視界に含めてているってのも。
ビンゴさんが熱量を表すようにドラムセットに向いて身体を左右に大きく揺らす。


最近のGくんの音が再び好きになって来てる気がする。
肩にぽんって手を置く、そのイメージの音圧で足首まですとーんって衝撃が走る。
痛いっ!ってより熱っっ!ってイメージ。


!!!加藤くんの足元のセトリが完全に見える状態だったので視線を逸らしつつもNって大文字を見かけて期待を隠せなかったNational downがすごいアッパーになってて笑い転げそうだったよーっ。やばば。GくんがNINGEN OKからFLUID感を引いたようなドラムを延々と叩き続けてるんですけど、(うまいこと言えない‥、ごめんGくん。こういう時彼なら的確なプレイヤーとしての発言するんだろうな。と思うとドラムやる人はGくんに教えてもらうとかなりわかりやすいレクチャー貰えそうだな、妄想。先輩に欲しいです。
じゃなくてNational down。もうGくんのハーフパンツも袖まくり上げもこの曲のためだったんじゃないってパワー系なのですよ。
(加藤くん前半暇そう。。。


そしてNational downと言えばCDでも二通りあって、加藤くんが同じリフを奏でるってのが共通ポイントなんだけどそれもなかったような‥苦笑。
代わりにスパークするギターだったと思う。ほかの3人は50%、60%、70%って徐々にテンション高めていってるんだけど、加藤くんだけ30から70へと飛び級的なあがりかたをするので、かっこいい!の衝撃が違う。不意を突かれるのやぅばい。
でもそのアレンジに驚いた&少し引いたせいで、ビンゴさんのボーカルラインに聴き入ってしまうのです。Gくんと若干被るシルエットに白熱のライトが当たってキレイ。
周囲もヒートアップする中、じぃっとビンゴさんのシルエットだけ見てた。今更だけど、この曲のメドロディライン好き。


どちらかってとテンポが1stのほうに似てた。もう聞けないかと思っていたので嬉しい。


なんかね、最近再び顕著になってきた曲のつなぎへのぎこちなさが全然なかった。やればできる子!!

そうやって当初の不安を払拭した後のCast night moon、今日のイベントに合わないような曲をやって帰りますって言ったかな。


Cast night moon
フロアも熱気を帯びるアクトのあとでしっとり美しい系のこの曲が艶めいて見える。


加藤くんがペダルを踏む前からのぴぃんと張るフレーズを。加藤くんのギターは以前本人にも伝えたように月の光みたいで、優しくてほのかに煌めいていて、それでいてひんやり冷たいのです。かっこゆ。
それからGくんが優しく受け止める音を出すから、感極まりそうでうってなる。


そしてARMが出たときにはライブでやってるのと全然熱量が違うやん!って思ってたはずなのに、最近はARMに近づいてたって知る。‥というわけで映像の方を聴きなおしてみたけどそっちのがくらもちさんが嵐の前夜っぽい音をだしててみょんみょん。



なので泣き笑いみたいな表情になっちゃった。
ライブも音もすごくカッコイイ。なのになんでこんなに喪失を味わったみたいな悲しくて号泣したい気持ちになるんだろう。


メンバーが立ち去った後ゆっくりステージを後にしたGくんに外国の男の人が熱心に聞き込んでわーなんか嬉しい。って気分になる。セトリ貰いそびれた‥。後でフロアでもじっくり話してたよ。そして楽屋からフロアに出てきた加藤くんがステージに戻ってくれたので、ちょっと申し訳ない気分になりつつお願いしたら、ものすごいうんうん、うんうん。ってしてて。わたしも普段そんな感じなので(言葉になってない)傍から見たら変な二人だったと思う。



えへへ、今日のフロアは歓声も飛んだりして久しぶりにアツいライブだったな。
ってひとりでセトリの紙抱きかかえてにまにましてたら、隣で見てた男の人に最後の曲教えてくださいって声掛けられたよ。メンバーじゃないけど嬉しい。でも驚きすぎたので淡々と応えちゃったかもしんない。くすん、(←最近自分のこういうとこ残念すぎる。あの曲素敵ですよね、くらい言いたかったにゃ。



セットリスト
And I call
Army steps
Don't let kill
National down
Cast night moon



あとClapperで加藤くんがエフェクタの人になってて淋しいって言ってたんだけど、
今日は左手のビブラートとか見れたのでえへへーってなってる(Army steps。



でもってLONDON CALLINGの話に戻るけど。LEF!!CREW!!の人が手首ぺこぺこ系だとは思ってなかったよ。フロアがダンスフロアになっててすごかった。祭りだったね、フロア盛り上げる姿がおとこまえ。
でもって主催者の5名くらいいるDJ陣でダンガリーシャツにベージュのニット着てる人のDJが好きだった。なんかVJも幾何学的なのばかり並んで合ってたと思う。とか思ってたらその人が他の人と喋ってる途中で話しかけてきたので思いっきりうんうんするわたし。
ニンニになりたい。なぜわたしが見えるのだ!じたばた!


うん、わたしは踊るのがあんまうまくないし、今日は足が疲れちゃってたのでほとんど眺める人に徹していたのだけど。VJと音楽の洪水をただただ映画みたいに眺める会とかあればいいのにな、って思う。ライブハウスの二階席っぽい感じでどうかな。


でもって、そういうDJパーティに慣れてるオンナノコの服装とかかわいかったなー。健康的オシャレ(わたしとは正反対じゃん。
パーカーにタイトなスカート、素足にハイテクスニーカー。とかロングワンピにスウェットの金髪ボブさんの緩く背負ったリュックとか。わたしの中でそれ着るのアウトドアだなーって。めもめも。


帰りにジャックさんが入口にいて(珍しく酔いつぶれてなかった)、確実に認識してるカンジで話しかけてくれたので嬉しかったです。わたしほっとんど喋ってないけど(笑。ジャックさんと加藤くんとわたしとでシャイっ子の会開きたい―と思ったけど、これテンションが読めない人の集団だと思って苦笑いした。
 
いゃ、それより加藤くんのかっこよさを語る会をくらもちさんと開催したい。くらもちさんならきっとわかってくれる!



あー、やばい。新居浜いきたいっ!!
踊るのはへた。頭振りたい!

| - | 21:43 | comments(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:43 | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://music-freaks.jugem.jp/trackback/286
トラックバック