CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< OUTATBERO[B and C]@METRO | main | 04.06 OUTATBERO−LONDON CALLING@METRO >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | pookmark |
03.29 OUTATBERO@Clapper

 地上階のPangeaでneat'sのライブサポートするトディと今日それ知ったGくんのツイートがかわいくって、それ見ながら大阪へ。
しゅっとした美人系メガネ男子二人‥きゃわわ!

Clapperは地下で怖いおにーさんがいるイメージだったのだけど、普通に柔らかい声の女の人が受付だったので安心した。下北のERAっぽい?
フロアの端によき場所を見つけたのでそこにいたよ。壁になる安心感。


 


*monochrome chocolate
結成10年とか言ってたからそんな年齢なのかもしれない。
でもフレッシュな感じで行きます。って宣言通りの正統派ギターロックと思わせて急に激しくなったりするの、すごく楽しそうに演奏してたりするのでなんかいいな。あと10年の貫録としてMCがうまいです。



あ、ドラムセット移動するっぽい。Gくんも登場。
あのピンクがかったグレイのTシャツ好きー。


*OUTATBERO
今日はダブルレコ初でのーきーずもツアーでっていう誰が主役なのーって完全お呼ばれしちゃった系のベロ。


加藤くんものっそい外はねしてるんですけど‥(髪が。そんなに寝坊したのか。
誰かゆってあげてよー。そしてくらもちさんは引き続きオールバックなのです。なんかナチュラルに受け入れられてきた‥。


ドラムセットが斜めに設置されたのでほぼ正面から見ちゃう感じになってしまったよ。そわそわ。
セッティングの時のくらもちさんの視線素敵。


ちらっと見えたセトリに大文字のA、あぁ昨日とおんなじ始まりなのね。
ビンゴさんが軽くDAWAさんに合図する。加藤くんが足元のエフェクタを操作する。ひたひたと始まるその音がやっぱりユーレイっぽくて、なぁんだ!これは昨日の接続不良とか関係なかったんだーってにまにま。


そんなこと考えていたのでやっぱり曲の入りを聞きのがす。
およよ、Gくんのコーラス聞こえにゃい‥。ガッカリ。でも今日はビンゴさんがハッキリしたトーンで歌いだしている。見上げた加藤くんがフラットに楽しそうな表情でコーラスしてるっぽく口を動かしてるのが見えて、なんだかふふふーってこっちにも伝播してくる。
代わってGくんは花粉症のせいか、終始むむっ!って表情してた。


でも最近加藤くんがギター弾きじゃなくてエフェクタ使いの人みたいになってて淋しいー。ギター弾いてカッコイイ加藤くんがいい―。



早々とカポ飛ばすビンゴさん。およよ‥。ビンゴさんは笑いながら怒ることのできる人です。どきどき‥。
ハーモナイザー使って?加藤くんがペダル踏むだけのやつ。
その音が突き刺さってその傷口からビンゴさんのボーカルでじわっと深くまで浸透する感じが痛い‥。ずきずき。浅く紙で切っただけなのにリンパ伝う痛み。あの紙が指を通った時の感触が忘れられないように二人のフレーズが心に刻み込まれたんだ。痛い、こわい。


don't let killのボーカルラインをようやく思い出すことに成功。哀愁を帯びたメロディ。
その後ろで鳴る加藤くんの指弾きのギターフレーズが、オレンジ色の強い光が雲から抜け出した夕陽のように照らしてくる光景が脳裏に浮かぶ。右側だけ熱いって感覚も。


突然泣きじゃくりたいくらい、ココロにぽっかりと隙間ができたみたい、なんでー?ってつらくなってくる。
今のオレンジ色を見せてくれたのはビンゴさん?加藤くん?


前にライブがすごくよくって、ゴハン食べれないくらいですっていってGくんが笑ってくれた時が懐かしい。ベロの世界は好きだけど、こんな痛いの求めてない‥。ぐすん。


no townのイントロ。落雷を彷彿とさせるリズム隊のGRAVITY。(Gくんとイニシャル被るので仕方なく英語表記ね。気取ってるわけじゃないっす‥。
加藤くんがふわふわって音作ってから始まるの多いな。
わたしはいろんな世界を見せてくれるエフェクタ使いが好きだけど、でもギター弾いてカッコイイ加藤くんがいいな。最近ちょっと寂しいな。。。


エフェクタにつま先置くときはすごく慎重なのにかかとを下すときには迷いがない。


今日、物販にCDがないんですけど‥なので他で買って‥(!!)‥FLAKE RECORDSで取り扱いがあるのでそっちで買ってください。
あ、それうまいねーってビンゴさんに、そうだった?って少し嬉しそうな表情するGくんが少し上目づかいになっててかわゆ!
てことは一昨日おいてたCD売れたのかなぁ。。。



加藤くんがくらもちさんと視線を合わせてるっぽいのだけど、ちょうど被っててみえにゃい‥。加藤くんは前髪が長いので視線の内容までは読み取れなかった―。


「持ち曲が30曲くらいある中で唯一メジャーコードで終わる曲をやります」


Room!Gくんと加藤くんが解放されたーって音を出すので、くすっ☆ってなる。やっぱり新曲続きはしんどいんだろうな。
くるっ、とスティックを回すGくん。この時ちょっと澄ました表情をしてるのがまたかわゆ。もう狙ってるとしか思えん。カッコイイのにかわいいのずーるーいー!


そして昨日わたしがゆってた髪ばっさぁ!を披露するGくん。アツいっっ!ひゃーう、こんなライブが見たいー、じたばた。でもあと1曲‥。


Gくんの方を向いた加藤くんがすごくフラットな表情に少し楽しいを足したようなカオをしてて、それがなんかかっこいいなーって思ってたら次にうつむいた瞬間にぼたぼたっっと汗の水滴を落として。めちゃ明るいステージとか以外で汗をそんなにかいてはるイメージがなかったので少し驚いた。でもあと1曲‥。


 (これはビンゴさんとの対比でもあるの、こんな気分の時も安定した光をくれるのが加藤くん。ビンゴさんはどっちかってとわたしと似ててっていうと失礼か、揺らぎの幅が酷い←褒めてるよ?)
 
イントロのぴらっ!て加藤くんの左手の動きかっこいいーっ、でもこの曲彼は大忙しなのです。でもってGくんも見たいからわたしの視線ぐるぐる。ピークが一緒に来るんだもんっ!そしてARMについてきたライブ盤の音を入れてくるビンゴさん。そのままぐるん!って振り返る。一昨日と全然違う印象のギター。きゃあ!


 



でも終わった後もぽっかりの正体が掴めずにぼんやりしてしまう。


あれー。
今日会った友達は企画系女子だったので、挨拶に行ってくるってのを横目にぽけーっとしてました。ただのファンだから負い目を感じてるとかではなく今日は喋れる気がしないのです。


やっぱり新曲たちが全部暖色に見えてしまっていて。ビンゴさんが暖色の人だからそうなるのはほぼ予測してるしその陰翳礼讃がベロの好きなとこなのだけど、やっぱり去年のGARDENで見たような曲ごとのコントラストがあるのがいいー、とか考えてしまう。
このままALになるのかな‥。this is not itが青い色彩を放ってたのを聴きたいー。



ふよふよしてたのでドリンク交換にでも行くかー。
と立ち寄ったらGくんと加藤くんいるし。背ぇたっか!オーラ固まってる!って超緊張してびくびくしてるのでカウンターのお兄さんに気を遣わせてしまった。


なんであんなに焦ったんだろう。って家に帰って考えたけど、たぶんGくんも加藤くんもストレートにものをいう人だって知ってたからだと思う。京都人のオブラートが二人にはない。
だから二人に聞きたいような、でもそんな距離感じゃないって自分を戒める。
加藤くんの声が話しだしたので声が耳に入らないように大急ぎで逃げる。


ってかハイパー人見知りタイムが来ちゃった!ぶるぶる!


 


 


NOKIES!が始まったけど、わたしあんまりイケメンバンド好きじゃないやー(ごめんね?
って思ったり、音の振動が普段は苦手なバンドでも(NOKIES!は苦手ではないです。大好きなのにもう不安定に拍車をかけたみたいになるので、ぐらぐらしてくるから抜け出しちゃった。



今日ベロを呼んでくれたのは彼ららしくって、フロアにいるビンゴさんとステージ越しに乾杯してたCHEERS!


 


 



ただもうBIG CATの中に逃げ込んだのだけど、鏡とにらめっこして自分を取り戻す。取り戻したけど後遺症でまだ現実と自己の境目が曖昧。でもって閉館時間が迫ってる。
BIG CATあるくらいだから開いてはいるんだけどさ。警備員さんが巡回するから居場所ないみたい。。。。



帰ってもいい気がしたけど、一昨日初めて見たtotosがもう一回見たいから帰る。


再びClapperの階段降りてったら、Gくんが上がってきた。
さっきの喋れないっ!!ってわたしではなく、あ。トディに会いに行くんですか?って話しかけちゃいそうなくらい回復してたのだけど、Gくんに確実にこいつ表裏ありすぎって引かれたら悲しいので普通に通り過ぎました。


Mont Blanc
なんか不思議な感じの2人が歓談してた。
あれ?歓談‥。でもフロアは明るい笑いに満ちていてきょとんとしてしまう。
この人たちはなにをやる人なんだろ。。。しかも話が面白いので漫談部の人だと最初は思ってました。二人ともミイラズ畠山さんみたいな変な服着てるし。紙のお面みたいなのつけてるし。


うぅでも体調が悪いのでふかふかの椅子に座って聞きたいなー。そしたらくすくす笑えるのにとか考えていましたよ。


でも演奏あった!
しかもかっこよかった!


打ち込みと歌?ちょっとビヨークとかそんな感じ。
彼らがおどけてこんな会話ばっかりしてるけど、ほら、フジロックとかで結局疲れたときに見たくなるのはこんな感じのなんだって。座ってきいてるのとかいいでしょーって言ってたけど。本当に森の中が似合う気がした。
青い空が見える中で自然に還る気持ちで聴きたい音、星が出てからも映えるなって思った。


nanoでモグラさんがベロの紹介文、来日半端ない!って書いてたの伝わらないじゃんってビンゴさんが抗議してたけど、そのフレーズは彼らにこそ与えるべきだと思った。あれだよ、ベロはUKが好きすぎてUKに行っちゃった系日本人の音だと思ってる。



totos


あれ?おととい見たのより人が増えてるー。
昨日センターにいた人は実はサポートで今日センターに入った人がリーダーっていう驚き。えっそんなのあんの(笑。サポートさんは今日で終わりらしいです。


一昨日ボーカルギターさんにきゅんきゅんしてたのですが、あれーギターが違うってかあのギター知ってる。もうそれだけでちょっと世界が違って見えた。
ギターの中で(個人的に)ストラトが萌え要素たりないなーって思っていたのだけどやっぱ重要だったと知ったのです。なんか昨日の名古屋のリハでもう音が出なくなったんだって。残念ってか心配。



‥人間バグってるのでごめんうまく書けないやー。一昨日のレポで書く。
すごくかわいくてハッピーで。でもそれだけじゃない、ギターポップに収まらないエモがかっこよくてきゅんきゅんした。演奏の中に起きる人間性、甘いだけじゃない苦味とかちゃんと考えてるってのが伝わる音だった。



CDってかレコ発‥レコード買いたい。
FLAKEから再リリースしたらしくってそういう話をしてた。



アンコール、本当は持ち曲がないのだけどやろうってなって。
ギタボさんがエフェクタも不調を極めてたみたいだったので「ギターはやっぱり直接アンプにつなぐのがいいよね」とか言い出したので、加藤くんジャズマスターの直の音!!!!!っておそらくあの会場でただ一人ちがうテンションの上がり方をしてしまった。はにゃにゃん。


 


 


でも人が怖いので(治ってない、レコードは後日買いましたよ。
DLナンバーじゃなくてCDついてくるなんて!CDサイズが好きなわたしは嬉しい。でも断捨離の敵!


 


 



でも家に帰って、ベロの音を思い出して放心状態になる。
三年目の恐怖?たぶん昨日ビンゴさんが言おうとして飲み込んだの、あれきっとサードが出るんだと思う。新しい曲たちも出てきたときはカラーの対比がすごく鮮やかで好きだったのに、今は似通ってきちゃってて。それがそのまま音源になるの怖い。。。どうしよ。


とか普段口にはしないようにしてきたことを認識して吐き出す行為。
でもそれでも消えない悲しさ。やっぱりそこじゃない。別に今の生活で苦しいこととかないのに。


何かを失ってしまったみたいな、ものすごい喪失感。
ふと友達の友達、顔見知りみたいな人がくれたケーキ(彼女がわたしを認識してくれてたことが嬉しかった。を思い出して食べてみた。


ほゎんとした優しい空気を纏った人なんだけど、甘いのにスパイシーな味がして。意外すぎるし、おいしい‥。


ってかなんかその味に油断してボロボロ泣いた。
なんかわかんないけど泣く時間が必要だったようだ。切ないとかもっと!とか。好きだけど、好きなんて言えないから大嫌い、その思いが雪崩のようにあふれてきて、泣きながら眠った。


 


この感情を誰に伝えていいかわかんないから、ここに書く。


 


 


 


 


 


一週間後のライブも書いたのだけど、ちゃんと回復してるので大丈夫ですよ。

| - | 20:32 | comments(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:32 | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://music-freaks.jugem.jp/trackback/285
トラックバック