CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 10.20 FLUID"BOROFESTA"@KBSホール | main | 11.12 OUTATBERO 〜感染LIVE@METRO >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | pookmark |
11.03 OUTATBERO~スキマ産業@UrBANGUILD
 

ビンゴさんの歌を聴いて、あぁ雨の感触だって思った。
ふわっと湿度が香ってぼわりとつつまれるあの感じ。



ホントはアートの大阪公園にいく予定だったのだけど、いく理由を無くしてしまった。そして今、音がどんどん変わっていくベロ見たいんだ。
 


*   *   *


(相変わらず入口にすたすた歩いてくるGくんとコンニチハして・苦笑)。こそっとフロアに足を伸ばす。
あ、セッティング変わってるー。ビンゴさんがセンターでGくんはLLama的はしっこ。ビンゴさんの足元見てにまにま。
くるっと思い直して椅子に座る。4バンドだし長いよね。

ステージ向こうのドアから加藤くんが出てきて、メガネ男子に変貌してて驚く。あぅあぅ。メガネ男子って惑うんですよ。

メンバーがステージに乗ったのでそろそろと近づいてみる。

・OUTATBERO
ステージ上にはエレアコとジャズマスってギターしかなかったと思っていたのに物陰からジャズマスを出してくるビンゴさん。

アバンギルドのローな音がよく響く感じ、くらもちさんとビンゴさんギターのベース音がよく似合う。その2人がわたしの立ち位置からは被さって見えるのでじぃっ‥。くらもちさんは風邪っぽいこと呟いてたのに、ステージ上ではそれをわかっているかのように確信的な輝きを放っている。
その重さに見とれていたけど、加藤くんのローフレット×解放弦の音すらときめいてしまった。きゅん!くらもちさんとかぶるとこね。

Division→This is not itの流れずるーい。
ネックを軽々を掴めちゃう手に釘付けになる。
加藤くんの手元だけ他メンバーより断然ズームアップしてる自分に気づいた。すこーし、ビンゴさんの音、弾きかたに近づいてる気すらしてる。

終わった後かっこいいっ‥!って呟きかけて大急ぎで飲み込む。ごくり。
フロアもほんのり明るいので近い気がしてしまう。

うぉー、今日のDivisionは加藤くんがレスポールに変えたときのハイパーなやつだったよ。ちょっと優等生な加藤くんが悪い音たてるやつね。なんかバシッと決まっるわけじゃないけれど、内側からひしひしとアツくなってくる感じに震える。新曲‥全然静かじゃないじゃん!ビンゴさーんっ!

てか髪短くしたGくんがよりぱっつんじゃん‥(アイコンみたいなの期待してた)と思ってたのに、ぐっと上向くときに耳のちょっと後ろあたりがさらさら動いて、男の人っぽい!って思ったし、久しぶりに視線奪われる感じ。めちゃ気持ちよさそう。
うん、Gくんはキラキラビーム発してる時より、こうやって気持ちよさそうにしてる時の音のが好きだ。うんうん!


最近「じゃ、いしわたさん‥」ってMC振るビンゴさん。
middle9、LLamaではよく対バンしてるけどベロでは初ですね☆っと円滑にMC進めていくGくん。今日はキラキラよりリラックスしてるなーってオーラを振りまく。

アバンギルドに伸びる影を見てやっぱベロは雰囲気背負っているビンゴさんがセンターに立つのが映えるなぁと思ったり。
(わたし個人的にはフロントマン端っこの方が萌えるし、なにより加藤くんとGくんを同じ方向に見たいのだけどね‥、そして端っこに寄っていってしまう加藤くんを止めたい!笑)

ビンゴさんは自分の世界感のオーラを纏って歌うようなのに、ふと人を探すような視線をするよね。その視線にぶつかって、ふっとトリップしてしまう。ふっと全身がさみしくなる。ぞわり。
耳が気持ちいい。ボーカルラインでも意識が飛ぶって快感。うぅ。こちらも目が離せないのだ。ブルーグリーンなジャズマスター。



Cast night moon
イントロのビンゴさんのテンポがいつもよりゆっくりだし、加藤くんの声もすごい届く。

ソロ部分、目をぱちっと自信×好奇の視線をしてメンバーを見ているGくんがキラキラしてた。かっこゆ。あ、前髪斜めわけになってるー。


加藤くんから始まるGood Dry
イントロ、スティックを胸の前でギュッとして左右に揺れるGくん見て何の曲か確信を持ったし、ふっと音に飲み込まれて楽しくなってくる。ふふふ。


「自分たちの話であれなんですけど、明日うちのギターが誕生日なんですよ」
って後ろからC!C、幾つになるの?って声が飛ぶ。
「なので、彼にささげる曲をやって終わります」

加藤くんがひらひら〜(音的にはぎゅるぐる)って指の練習するように弾くのでメンバーがえっ!その曲はやらないよ?って顔して振り向く。
あ、なんでもないですって顔する加藤くん。
けど、フロアのわたしはうぁ、かっこゆ!って見上げてしまったやん。。。

何の曲だろー。
ってThe Sleeper!あれこれ加藤くん曲?
最後の方ビンゴさんがGくんのほうにすたたっと足を進めてって、終わったんだけど。あれ‥?くすくす。

音を止めるGくんの腕の動きがかっこゆかったです。




なんか今日の4人の立ち位置がすごく見やすくって。メンバー全員にきゅんきゅんした。ほっこり。後半でぐっと持って行かれる感じもすごく幸せ。

セットリスト

SpalnitucaなくしてThe Sleeper(←かとーくんにって変更


とかって席に戻って、隣の人にこれってどのジャンル?って聞かれるも迷う。
うーん、いちおオルタナだったはずなんだけど今日の前半聴いてると迷うよね。誰かがミニマムオーケストラ、なんて言っててそんなに壮大かな‥とも思う。

そして終わった瞬間にまた見たいーってなったのだ。あほ。


・Aureole
Gくんがオーリオール‥ですよね?って聞いた瞬間、アーリオオーリオっぽいね☆と思ったらもう思い出せなくなりました。似てる‥。

ステージまっさらにして鉄琴と鍵盤がステージに逆V字型に展開。
打ち込みの人がボーカルを兼任するのね。でもってフルートと4bonみたいにかわいい系なのかしらーってゆるく見てたら、なにこれエモいっっ!
ちょっとエレクトロ、アンビエント要素も含まれていて思わず立ち上がって踊りたくなる。ぶわーっと水色の空と緑の景色が浮かんで。高い山?空気がすっと入れ替わる感じ。でもってイマ、自分たちが持つアーバンの感性も持ち合わせていた。わたしの好きな"星の音"を描く人たちだった。

(体調が微妙だったし、椅子席の最前にいたので急に立ったらジャマかなって思いで立てなかったけれど)。

途中、ぎゃあ!って声とともに鍵盤の土台がぐしゃーってつぶれちゃって。
フロアの後ろで見てた別のバンドマンが救出のために駆け寄ってくるも、そのまま床に座り込んで演奏する女の子がかっこいかったです。すげぃー。

でもってそのバンドマンたちも足を止めてうんうん!ってうなづいた後そこでゆらりと揺れるのも素敵。フロアに満ちるやわらかい笑顔。(なんかこのVo.さんだけ既視感めちゃある。

そして救出の間、セッティングもかかるバンドなのにこんなになっちゃってごめんなさいねーって会話をつなぐVo.さんの声にさらに和む。
すぉの鍵盤はキーボード界の中でも一番重いやつで木の鍵盤が入ってるのだそうですよ。それはX型の脚では危ないね‥。とそこにmiddle9の鍵盤さんが階段式のスタンドを持って現れる。

OUTATBEROさん、キツネの嫁入りさん。ありがとうございましたー。middle9の人のスタンドかります。‥ってGくんと都督さんのフォロー早かった。さすが外交担当の人ですにゃー。


そんなアクシデントで1曲飛んじゃって。あー、めちゃかっこゆかったのでもっと聴きたいなと思ってたら主催者マドナシさんが1枚の紙をVo.さんに渡す。
もう一曲やっていいですよー。って隣でひさよさんが両手あげてわーい。って風にぴょんぴょんしてるのがかわいかった。

あー、もう絶対CD買う!

セトリ(拾いものです
World As Myth
Dell
Disappear
Tales
Live again
Windfall
Scare


・キツネの嫁入り
以前見たのから結構経ってる(ボロフェスで見逃したからね)
ひさよさんはめっちゃ美人な時とかわいい日があるんだけど、今日は完全にかわいい系でした。

雰囲気を掴みかねていると、マドナシさんの全身真っ黒ないでたちと親指に嵌めた黒いピックをみてすべてを思い出す。
京都シーンの一つの特徴として挙げられている文学性が寄り添う音。
藤井さんが呟くように残るフレーズは木の壁を手で触って感触を確かめるようだったし。また別の曲でそこにひさよさんの声が(天井を向いて歌うので、雪空に向かって子供が歌っているようなかわいさがあった)混ざるところの懐かしいような感覚もよかった。

そりゃこのハコに合うよねー。


・middle9
そのらまとの対バンで見て、バンドマンズバンドマンっぷりにおぉーとなったので、椅子席のある今日はどんなふうに見えるんだろうと思ってたのですが、もう体調悪かったので後ろに避難して壁のふり(得意技)して見てましたよよよ。残念すぎるー。

いゃ、前見た男前!な感じじゃなくて、もっとメロディアスな雰囲気に感じ取れて今日のがもっと好きだった。ギターさんの笑顔がすごくいい。


そして入口の壁にもたれると少し高くて、ステージが煌めいて見えた。
その光にあったかい気持ちになる。雨の日に暖かい毛布にくるまれてる幸せ。そんな感じ。
今日の対バン最高やね。



帰りにAuleoleのCD買いたいなーと思ったけど物販に誰もいないのでざんねーんって諦める。今度絶対買う。無くなった1曲は暗めのやつらしいんだけど気になるもん。




そんなわけで家に帰っても新曲聴きたい、じたばた!とかしてたら音源上がってたわけですよ。このタイミング!嬉しいっ☆





| - | 02:34 | comments(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:34 | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://music-freaks.jugem.jp/trackback/280
トラックバック