CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2.17 ART-SCHOOL @SHELTER | main | 5.08 THE NOVEMBERS@クラブクアトロ(名古屋) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | pookmark |
4.14 THE NOVEMBERS×People In The Box@京都磔磔

 磔磔に来る日って大概寒いよね。なので相変わらず体調が斜め。

今日は(も)右サイドからです。
40番台だったのに、2列目行けたよ。
目の前にはマイクスタンドが立っていて、そっかぁ。ピープルが先なんだぁ。うんうん!

あたしの前は背の高いオンナノコだったので、足元はムリかぁ。と諦めてたら2度のスタッフさんの「あと、0.5歩だけでもお願いします」って悲痛な声で見れるようになった。ハタノくんの足元?光栄です。
てか、そんなに詰め込んだの?ノベンバで?ピープルで?

そしてぎゅうぎゅう恐怖症(←)
狭いよー。近いよー。

*   *   *

照明が落ちた中、華奢い男の子のシルエットが現れる。
!!!ハタノくん、髪切った!眉毛が見える短さです。ふゎーっっ!
なんか、いつも以上に華奢に見えるよ。そしてパーカーのポケットがかわいい。

とゆか、わたしの視界に映る人達が細くって、キュン死しそうになったのは内緒デス。きゃきゃ。


それはさておき、磔磔は高さがないのでギターの手元がかなり近い。あの手元がみれるなんてすごぉい!ワクワク♪今日は茶色いボディのジャガー。久しぶりに見たよ。
そしてパーカーのフードを出しながらストラップを肩に。
「こんばんは。People In The Boxです」

わたし、ピープルではふわふわ揺れていたい人なのですが、普通に立っていても人に触れる状態なのでできずにうずうず。そしてピープルで揺れる人もそういないよ‥ね。むーっ!

近いハタノくんは視線を泳がすように空間を見て歌う。

そして2曲目で
ぎゅーって顔を赤くする。ライブの感触になっていくように。
変拍子をものともしない手元。
それは、ハタノくんがこの物語のストーリーテラーであることを証明してるかのよう。

だけど前述の背の高いオンナノコが1曲目でバーにぐんにゃりしてしまう。ノベンバ先行で発表されたからピープルは好きじゃないの?とか思ったけど、(実際ハタノくんも困ってたカンジにとれた)数曲目で友達が覗き込んだので、体調が悪いとゆうのが判明。
壁際に移動したんだけど。ぐったり。心配でステージと彼女を交互に見守る形に。

-MC-
ノベンバのMisstopiaツアーによんでもらって、どうもありがとう。
おちついたトーンで喋って、スポーツドリンク的な飲み物を口に。
沈殿してたのかふたをしてゆさゆさ。
喋ろうとしながらもマイクから遠ざかってコホン‥コホッ。コホン‥コホッ。っと長い咳。
その咳までもが可愛いんだ。

「みなさんは風邪なんか引いたりしてませんか」
うん、ハタノくんもね。そうかぁ、だからあんな表情してたんだ。
でも歌にそんな感じは見られなかった。

月曜日がすごく楽しかった。

さっきの人には申し訳ないのだけど、スペースが開いて。
入れ替わった前のオンナノコもふわりと揺れる人で。自分の居場所を見つけた。ダイゴくんのあのドラムの波紋みたいなふわーってしたの、すごく気持ちいいよ?

そう。リズム隊のあのアイコンタクトから湧き上がる風圧。春の風みたいに肌寒いのにほんのりあったかい。
くるっと身体を揺らせるハタノくん。あの少しイジワルそうにキラッとさせる視線が。ものすごくかわええーっ。カッコイイではなくてね。

思わず表情がほころんじゃう。

そして、カサカサとしたドラムの音!
ワンマンで聞き逃した泥の中の生活。
"Good morning my frog queen"っと歌詞をほとんど省いて歌う。
あの右手の動きにきゅんきゅん。
ギターを掲げてハウらせるためにアンプの方を向く。

そしてGood Afternoonのあと、歌おうとして歌詞をすとーんと落としたハタノくん。もじもじってするからスグばれちゃうよ。そこを「♪〜」っと声にならないフレーズで歌ったのには、本気で素敵だったデス。

がしゃーんとエフェクターに頼りまくってる間。ここは福井さんの音を追いかけた。ぐるぐる響く。そしてその空間のなか、始まりのドラムに戻ってくダイゴくんの音。シャッターを切るように場面が変わる。そのからくりを知る。

ハタノくんの動きに、パーカーを着てくるべきではないなとおもった。
フードがストラップにひっかかるからね。

そしてダイゴくんのMC。
磔磔は初らしいです。ピープル。
「磔磔ってなんだったの!蔵みたいっとは聞いてるよ。でも酒?醤油?なんなのさぁー」って騒いでました。

いゃ、ここであたしの日記に多々登場してくるFACTオーディエンスのスタッフさんが現れてさっきの人助けに来てたのでね。彼のMCを聞き逃してしまったのですよ。これ本当。

あと2曲で終わるの。「えーっ」って言わせようと耳に手当ててたね。

 

天使の胃袋。
ブログの"THE NOVEMBERSのK林君が、「ハタノ君が一生分のドーベルマンを使いきってしまうのではないか」と切実に僕を心配してくれる”を思い出して大変だったんだからね!

くるっとメンバーの方を向いて楽しそうに身体を揺らしたハタノくんを見てコッチまで嬉しくなっちゃう。

 

 


☆:*。セットリスト☆:*。
01.ユリイカ
02.犬猫生活
03.レントゲン
04.(新曲)
05.月曜日/無菌室
06.泥の中の生活
07.天使の胃袋
08.冷血と作法

ワンマンの世界感はなかったけど(あれをやるならMUSEだよね)
冷血と作法のイントロを見れたー。大満足!!
裸足の王子様はもう靴を履くことを覚えたみたい。ざんねーん。
コンバース白のハイカット。


*THE NOVEMBERS


そして、少しずつ開いたセンターのスキマが一人分に。
あれ。これって前に行ってもいい?転換中にさっきの人が戻ってきてもいいように微妙に前を空けてたけど、5連続ケンゴくん最前だよ。
ふわわーっ。(嬉&驚!)

わたしの見たい気持ちが通じたかもー。((誰にだw。

ピープルが去ってスグメンバーがセッティングで現れたので、気持ちを入れ替える。

エフェクターを持ってきて、コード類をジャマそうに蹴るケンゴ氏。
そんなことやってるから、接触がにゃあ!<<伏せた。
にしてもまたエフェクター増えたね。そんなことない?

ライダース風パーカー。ギタースタンドにピックを念入りに3つ。
エフェクター類の放つ赤い光に下から照らされて、ものすごくセクシーであせる。

小林くんがセッティングのラストにエフェクトかけるから、あの曲からってはっきりわかっちゃう。そして足元はブラック×ブラックのコンバース。おそろいだった。ふふふ。髪、伸びてた。

ギターの2人がカポをつける。
吉木くんのトナリにはシャララーンってやるやつ(←)が出現。
それは新しい音を意味してる。

そのまま演奏やるのかと思ったら、いったん階段に戻ってった。
あ。この転換の間にかかってた曲がなんかよかったです。


小林くんがやや背伸び気味に右手を伸ばしてSEを止めた。

Misstopiaから。
初めて聞く音にシャキッとなったけど、高松くんのふわーっとしたベースに心を許した。あぁ、CDで聞くよりも小林くんの声はずっといい。白い光がすーっと差してくる。温度も世界もすごーくここちいい。

あ。ギターの2人はカポしてた?

何か新しいものを見つけた子供のような表情をしながらも淡々と歌い上げる小林くん。

ケンゴくんが足元に手を伸ばす。大忙し。Figure 0
高松くんが空中を切る。
水の中に飛び込んだように。地球に還る。
ケンゴくんは髪をばさぁと被ってにやりと笑う。口元しか見えない。
嬉しくてまっ正面から見てる自分にちょっと戸惑っちゃった。

吉木くんのドラムの誘導。パラダイス。
"パラダイス"だ!ってよりもわたしがつけた"ケンゴくんのスニーカー"ってタイトルのほうがしっくり来る‥苦笑。左右で踏み踏み。
今日はケンゴくんの調子がイマイチなのか、全然センターを向かないので指先が見れないよー。


アマレット。
小林くんの歌いだしの後、ひっそり寄り添う影のように入ってくるサイドの2人の音が好き。
ケンゴ氏は歯をかみ締めるようなそんな表情を。

ラストの間奏部分のびぃん!って弾きはじめるケンゴくんのギターフレーズ。最初の音の気合。そしてすごーくキレイだった。CDとは違うフレーズを絡ませて。あの譜面から解き放たれる感じでいて。そして夕陽の射す喫茶店の床のような陰影。
思わずきゅーんとなった。

ケンゴくんが指弾きしたの、初めて見た。
もう目が離せない。

最後吉木くんだけが残ってワンフレーズ奏でる。あたしは余韻に圧倒されてぼんやり。


あ。吉木くんのTシャツがピープルの木のやつだ。

pilica。
これ、アートみたいって言ってて。
すごいイントロが戸高くんじゃない?って結果に。
それを奏でてたのは小林くん。そんなことを思ってたら、さっきの哀しみのフレーズから解かれたみたいになって。堅くあたしを現実に縛り付ける鎖が溶けたよう。

それは、ノベンバの音はこうゆうものだっていう思い入れから、新しい世界を見たのかな?

サビの部分。羽根を失って、「飛ぶ」という使命から解き放たれた鳥のように。

Sea's sweep 
ケンゴくんはカポの装着に苦戦。
新しいALは青い空が見えた。

MC
磔磔はいいハコですよね。京都に来たときはいつも言うことにしてるんだけど。

誰か今日のいいとも見た人いますか?
東方神起のジェジュンが出てたんだけど、僕のことなんかいってませんでしたか?あれ、繋がらないなーとか。
いいともにガチャピンも出たそうですね。
僕が言いたいのは、ガチャピンとジェジュンの間になぜ僕が呼ばれなかったのかってことです。

でも僕は徹子の部屋に出たいですね。
(そのほうがいいと思った。)
そしてここでケンゴくんが声を出さずにふふっと笑う。


高松くんが大阪のライブについて喋りたいそうなので。

高松くん、不思議な表情をした後両手で顔を覆ってマイクの前へ。
キレイな手。

「こんばんはー」(こんばんはー)
今日もチケットの発売はやってるそう。
関西では久しぶりのSONIC YOUTHのTシャツだったね。
「このエフェクターかけると変な声になるんですよ」
と右手の足元に手を伸ばす。うにーっ。なにやってんだ、こばうさ。
その後吉木くんが彼に話しかけたけど、聞き取れなかった。


「あと3曲やります。I'm in no coreって曲を」

ぎゃあ!ケンゴくんカッコユス。はにゃー。ズルイっ!!!
高松くんのほうへ視線を。唇を突き出すような表情。むー・
小林くんがコッチを向いてケンゴくんと向かい合ったとき、微かに焦ったしぐさをした。あの透明な目で見られたらそりゃ焦る。


あ。あと3曲ってことはもうそろそろ激しい曲を。
そしてケンゴくん、このままじゃ間に合わない。新譜の音に飲み込まれてて、あのダークカラーに染まれない。(それくらい前のがよかったてこと)


こわれる
小林くんは白にブルーかグリーンを数滴落としたようなカラーのイメージなんだけど。どうやってこの瞬間に赤に染まれるのだろう。
そして高松くんも。ふだんの可愛らしさをすぅっと消す。

間奏で小林くん膝から崩れ落ちる。
ケンゴくんがその直後に視線を上げてキュッとしゃがみこむ。
でもやっぱりあのヘッドを振り回す仕草が見られないの。
すっと目の前で足がカクカク―って震えてた。

そして外側からぐるっと回ってセンターに出てくる。
ピックを持つ手に見入るよ?

Dnim。
でも、今日は吉木くんがスピード感を牽引してた。今までになく引き込まれるよ。こんな、カッコよかったっけ。すげぃ。。。

ここにいたいなら笑っていろ!
で、フロントの2人をばっと指さす高松くん。
そして小林くんは弦を切っちゃう。

楽器を高々と上げる小林くん。

久しぶりにノベンバの不安定さを見た。
でもこのムリを押し切っちゃうところがロックだとあたしは思う。


ふらぁっとした背中で立ち去るケンゴ氏。
吉木くんの足首が素敵だってことに初めて気づく。


アンコール。

あ。高松くんは新しいフクロウ(?)のTシャツのチャコールグレーを着てましたね。さすが物販促進係です。

白いジャガーに持ち替えて。
「1曲やって帰ります」
その空気感。tu'm。
今日みたいな対バンの日にこの曲をやるなんて。ALの曲に戻ってなんだか安心したんだ。

CDのようなエフェクトかけまくりの声じゃなく、
"小林くんの歌"だった。


そしてお客さんがはけるのを、見えそうで見えないケンゴくん前のモニターに貼られたセットリスト見ながら、ぼんやり待ってたら、赤いTシャツを着たケンゴくんが階段から降りてくるのです。重要なので2回言います。
チャコールグレーのロンTの上に赤いTシャツです。
すげぃ目立ってるよー。しかもタオル持ってるので何気にクリスマスカラー。はにゃ。。。

☆:*。セットリスト☆:*。
01.Misstopia
02.Figure 0
03.パラダイス
04.アマレット
05.pilica
06.sea's sweep
07.I'm in no core
08.こわれる
09.Dnim
―Encore―
10.tu'm

 

そう、物販がずらぁっと人並んでいたので諦めて。
ワゴンの向かいでチケット売る人についてるケンゴくんにCDの裏ジャケット、定位置にサインを‥。

女の子に囲まれてすごい人気だったので、あとからこっそりと貰いに行ったよ。「あれ後から見たら字いっぱい間違えてたんだよね」と笑う。
ケンゴくんは喋り方も柔らかくなったような。

そして、話の流れでサインにmisoくんを描いてもらえることに。
嬉くて「わーい」とか、結構高めのテンションで言ってしまったので、もう喋れなくなっちゃったー。恥ずかしいよーっ。
ゴニョゴニョっと語尾あいまいにして逃げちゃった。
ふにゃん。

あ。開演前にバッグは買ったよ。tobirdさんのデザインかわいい。

もう、めちゃくちゃペラい。もう少し値段出すからしっかりしたのがよかったなー。てか、これで1000円て。
でもデザインはめっちゃ好み。


見た?ちゃんとケースからハミだしてるの。くすくす。
意図的じゃないのに毎回。ある意味すごい。

| ライブレポ・・・ってか感想 | 22:47 | comments(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:47 | - | pookmark |
コメント
はじめまして。

4.14のたくたく行きました。
こわれる→どにむは反則だと思いました。

普段あんまり人のブログにコメントなどしないのですが、あまりにもレポが良くて。
つい、書いてしまいました。
またふらっと読ませていただくかもです。
では-。
| fuji | 2010/07/26 5:51 PM |
コメントする